近況報告

今年の春頃(2020年4月4日)に目の見え方が変で近所の眼科へ行ったのですが、手に負えないらしく大学病院へすぐに行けと紹介状を書いていただきました。
翌日、大学病院で精密検査をした結果、網膜の眼病と診断されました。
難病であるためか大学病院の教授が担当してくれて、病状はSTAGE4で1~2か月程度で両目が失明するかもしれないといわれました。
治療をしても現代医療では回復した例がないといわれました。

結構ショックを受けて、時間の流れが変になったり数日で体重が極端に落ちたりしました。
これから暗闇の中で生きていかなければいけないことや、私を介護する妻の負担を考えたらと思うと、覚悟を決めて先にこの世を去ろうとも考えました。
でも妻は私の目が見えなくなっても二人で頑張ろうと生きていてほしいと言ってくれました。

食事はちゃんと摂っていても妻も凄く痩せたので、今思えば妻の方がショックだったと思います。

私には幸運なことに昔から支えてくれた仲間達と賢く美しい妻がいます。
ボスから最新の西洋医学の医療機器が置いてある病院を紹介され、ボスの友人も海外から駆けつけてくれて病院探しをサポートしてくれました。
その結果、九州のある大きな眼科で「医者の性格は悪いが腕は超一流」という、凄く名医の匂いがする病院を紹介されました。
そこで先進医療を受けて現在は奇跡的に回復してきました。
ぶっちゃけ5月頃はまだ予断を許さない状況でしたが、8月近くになり落ち着いてきて普通にプラモデルも作れるようになってきました。
おそらく年内には病状の後遺症を残すことなく完全復帰できると思います。

治療は眼に注射打ちまくったり網膜をレーザーで焼いたりしましたが、名医なのか無痛治療でした。
最初は眼に注射とか拷問だと覚悟してましたが、毎回いつ針を刺したか判らないほど無痛で無感覚。

レーザーで網膜を焼くのは死ぬほど激痛とネット記事でよくみますが、マルチパターンとマイクロパルスでピュアイエローレーザーができる最新の機械でレーザーをする場合は痛くありません。
古い機械だと激痛だし後遺症が残るらしい。
最新の機械だと痛くないし後遺症も残りません。

私の場合は、治療前よりも視力がちょっと上がりました。
レーザーで目を焼く予定の人は、治療費が高くても最新の機械が置いてある病院がおすすめ。
病院選びは慎重にした方が良いと思う。

他にも目薬とか色々やってますが、内科とかも重要なので今は健康食です。
人間は自然治癒力でしか病気を治せないので、病気の元の食品添加物は殆どとってません。
敗戦国なので日本は世界一食品添加物が多く、その種類も8000種類を超えると云われています。
癌や糖尿病、禿などあらゆる不具合を体に発生させる実験飼料とも云われているので気を付けてください。

眼病になったのはキチガイキャラ設定で遊んでいるブログの方に書きましたが、心配されたのでこのブログでも発表しておきます。

created by Rinker
¥734 (2022/09/25 18:08:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,400 (2022/09/25 18:08:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。